NEWS

新着情報

2019/12/02スタッフの日常

今週のお花-Vol.36

一カ月ぶりの更新となりました。

令和も師走を迎えましたね。

今年もあっという間に一年が過ぎ去ろうとしております。

【今週のお花】

★ユリ(ピンク)・・・「虚栄感」「純粋」 ➡ キレイに咲いておりますがこちら、先週のユリ子さん。今週のユリ子さん(あとで出てきますが)はまだ、蕾です。

☆シンフォリカルフォス(紫)・・・「かわいい」「いつまでも献身的に」 ➡ 果実が数珠つなぎになっていることから、ギリシャ語で房状になっている果実の意味を名付けられたそうです。

★ドラセナ(葉)・・・「幸福」 ➡ ハワイでは古くから家の前に置くと幸せが訪れるとされてきました。この習慣から「幸福の木」とも呼ばれています。

☆ガーベラ(大輪)・・・「希望」「前向き」 ➡ 色とりどりのガーベラがありますが、本来は真っ赤な花なんですって。

★アオモジ(緑の実)・・・「友人が多い」 ➡ 一つの枝にたくさんの花を咲かせることからついたようです。

☆アンスリューム(赤い葉)・・・「煩悩」「情熱」 ➡ 英語では「Tailflower」(尾のような花)とも呼ばれています。

★スプレーバラ(黄色)・・・「君のみが知る」「温かい心」 ➡ 一輪での時と違う花言葉。スプレーバラは一輪でたくさんの花を楽しむことができま

す!。

 

12月を表す言葉に「師走」と「年の瀬」のふたつの言葉があります。

「師走」については良く耳にしますし、諸説ありますが、「僧侶」「御師」「先生」が忙しく走り回ることから「しがはせる」から「しはす」になったと言われています。

のちに「師走」の字があてられたと考えられます。

それでは「年の瀬」はどうでしょう。なぜ「瀬」というのでしょうか。

「瀬」は浅瀬=川などの流れが速く歩いて渡れるところ、「早瀬」=川の流れの急なところ。。。と流れを指す言葉です。

年の瀬=年の流れが速いところ、という意味になり年末のあっという間に過ぎていく日々を上手に表現しているなぁと思います。

日本語には季節を表す言葉が数多く存在しているなと。。。

 

忙しさに加えて寒さも厳しくなるので体調を崩しやすくなります。

温かい食べ物を食べて、冬の寒さに負けないようにお過ごしください!

 

株式会社サン・プランナー 052-219-4545

メールでのお問い合わせはこちらから✉

 

ユリ子さんが咲いてくると、また違った表情を見れると思うので、その姿はまた来週にでも…

2019/12/05スタッフの日常

小規模オフィスで叶える魅せるオフィス

一覧に戻る

2019/11/29スタッフの日常

サンゲツの本社食堂見学

CONTACTお問い合わせ

オフィスデザイン・移転/内装・設備工事/原状回復からリノベーション
お見積り・ご依頼・お問い合わせは、お気軽にサン・プランナーへ!